スターウォーズの峰不二子とは 神話の法則07

スターウォーズの峰不二子とは 神話の法則07

ルパン三世というアニメ、ご存知ですよね。

もともとは1960年代に青年コミックに連載開始され漫画です。

1972年にアニメ化された時には、時代に先行しすぎてブレイクしきれませんでした。

 

 

でも、宮崎駿さんたちが、アルプスの少女ハイジや未来少年コナンで十分に力を付けて

そこからとりくんだルパン三世の二回目のアニメ、大ブレイクしましたね。

主人公であるルパン三世と行動を共にするのが次元大介と石川五右衛門のふたりです。
いいえ、三人とも主人公だといってもいいぐらいです。

そしてライバルは銭型警部ですね、こちらも半分主役みたいなものです。

 

そして、もう一人の主役といえる紅一点は、峰不二子です。

 

初めてルパン三世を見たのは小学生の時でしたが、

正直、峰不二子というキャラクターが理解不能でした。

 

敵なの、味方なの、

いい子なの、悪者なの、

嘘つきなの、間違えただけなの?

 

これが小学生には、さっぱりわからなかったんですよねえ。

 

小学生にはわからなかったといえば、この諺の意味もよくわかりませんでした。

「女心と秋の空」

ってこれは今でもわからないんですけど ←(違)

 

ここで神話の法則のキャラクターのアーキテクチャ(元型)として注目するのが

変化するもの(シェイプシフター)です。

 

変化するものはその名の通りに姿、容貌、性格などがコロコロと変わる困ったちゃんです。

本人には本人の決まった目的があるのかもしれませんが、

目的のためには手段を選ばないというそのために、平気で自分を変えることができるわけです。

 

まあ、目的が

「宝石を手に入れる」=峰不二子、

「ピーター・パンを独り占めにする」=ティンカー・ベル、

といった感じで物や者であり、極めて唯物主義的。

理念とか達成感とかいったものではないところがこの子たちの面白いところですね。

 

日本の神話を見ると、古事記の中に出てくる神様にはけっこうこのタイプが多いと思います。

ある時には勧善懲悪の正義の人であり、

ある時にはわがままな暴君であり、

あるときにはただもう娘を男に渡したくない父親だったりする

スサノオノミコトなんか、けっこうこの要素が強いです。

 

月を見て変化する狼男もシェイプシフターと言えなくもないかな。

 

ID-1008805

 

では、スターウォーズの中にシェイプシフターはいるかな?

と思って探してみたんですが、メインキャラクターの中には見当たらないですよね。

 

そうですね・・・

ランド・カルリシアンあたりが変化するものの要素が強いでしょうか。

ランド・カルリシアン(Lando Calrissian)は、

ミレニアム・ファルコン号の船長ハン・ソロのかつての悪友だったという設定の人物です。

 

エピソードVの帝国の逆襲でハン・ソロと再会した彼は、雲の惑星ベスピンの中心都市クラウド・シティの執政官として、採鉱業に携わり都市と市民のためにまじめに働気ながら、その裏でせっせと帝国軍の目を盗んで密貿易しては反乱同盟軍に物資の横流しをする、ということをしていました。

・・・ややこしいというか、弁解がましい設定ですな。

 

帝国の逆襲では、帝国軍の追跡を逃れようとしていたハン・ソロとレイアをダース・ベイダーに売り渡そうとします。

自分の都市を守るためです。

でも、約束と違う行動をとってレイア姫までさらおうとした帝国軍を土壇場で裏切り、彼女を救います。

ついでにチューバッカも(笑)。

 

その後はジャバ・ザ・ハットの元へ送られたソロを救出するため、

チューバッカと共にタトゥイーンに向かうなど、ふたたび味方に戻る。。。

 

やっぱりなんか違いますね。

主人公たちが男性だから、変化するものは女性であってほしいですねえ(笑)。

 

Image courtesy of Idea go at FreeDigitalPhotos.net

Similar Posts
スターウォーズ全編を通して出演する二人の使者 神話の法則06
スターウォーズ全編を通して出演する二人の使者 神話の法則06
神話の法則の登場人物の元型、4番目のキャラクターは使者(ヘラルド)です。 こちらは、スターウォーズの場合はものすごくわかりやすい登場人物ですよね。   誰でしょうか? これはこの神話の法則のカテゴリの最初の話を...
ジャバ・ザ・ハットが実はピッコロだった件 神話の法則05
ジャバ・ザ・ハットが実はピッコロだった件 神話の法則05
スターウォーズのストーリーや登場人物を追いながら、コンテンツの描き方について考えています。 ヒーローものや冒険活劇の脚本の鉄板と言われる「神話の法則」を参照に、 いろんな登場人物のアーキテクチャ(元型)を考察してみましょ...
賢者と英雄が合体した最強のキャラクターとは? 神話の法則04
賢者と英雄が合体した最強のキャラクターとは? 神話の法則04
神話の法則の中で登場人物設定として大事な二つの柱 英雄(ヒーロー)と賢者(メンター)   ・・・実は、賢者とヒーローが合体する話もあります。 最初から賢者の資質を持っているヒーローが登場するのですね。 精神的な...

1 Comment

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website